コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

αヒ素 あるふぁひそ

世界大百科事典内のαヒ素の言及

【ヒ素(砒素)】より


[性質]
 昇華性で,2種あるいは3種の変態が知られている。ヒ素蒸気から360℃以上で析出させると,安定形の灰色金属光沢をもつ金属ヒ素(灰色ヒ素,α‐ヒ素)が得られる。三方晶系,菱面体の結晶。…

※「αヒ素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

αヒ素の関連キーワード三酸化二ヒ素(データノート)酸化ヒ素(データノート)硫化ヒ素(データノート)バングラデシュのヒ素汚染高電子移動度トランジスタ土壌汚染による健康障害硫化ヒ素(硫化砒素)はせがわくんきらいやヒ素鉱物(砒素鉱物)酸化ヒ素(酸化砒素)ヒ素(データノート)森永ヒ素ミルク事件グートツァイト法マーシュの試験法ヒ素ミルク中毒慢性ヒ素中毒症慢性ヒ素中毒アルシン中毒亜ヒ(砒)酸化合物半導体

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android