コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

αヒ素 あるふぁひそ

世界大百科事典内のαヒ素の言及

【ヒ素(砒素)】より


[性質]
 昇華性で,2種あるいは3種の変態が知られている。ヒ素蒸気から360℃以上で析出させると,安定形の灰色金属光沢をもつ金属ヒ素(灰色ヒ素,α‐ヒ素)が得られる。三方晶系,菱面体の結晶。…

※「αヒ素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

αヒ素の関連キーワード三酸化二ヒ素(データノート)バングラデシュのヒ素汚染酸化ヒ素(データノート)高電子移動度トランジスタ硫化ヒ素(データノート)硫化ヒ素(硫化砒素)はせがわくんきらいやヒ素(データノート)酸化ヒ素(酸化砒素)ヒ素鉱物(砒素鉱物)森永ヒ素ミルク事件グートツァイト法マーシュの試験法ヒ素ミルク中毒ヒ(砒)素中毒慢性ヒ素中毒症輝コバルト鉱亜ヒ(砒)酸化合物半導体三酸化二ヒ素

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android