コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

α運動ニューロン あるふぁうんどうにゅーろん

世界大百科事典内のα運動ニューロンの言及

【運動】より

…遅い筋肉はひらめ筋など姿勢の維持に働く筋肉で赤筋ともいう。この白筋と赤筋は,それぞれ相動性α運動ニューロンと持続性α運動ニューロンとによって支配されている。運動神経を通って短い間隔でつぎつぎにインパルスが神経筋終板に到着すると,単収縮がつぎつぎと融合し加重され,連続した強い収縮が引き起こされることになるが,これを強縮という(図1)。…

【運動ニューロン】より

…細胞体から数本の樹状突起をのばす,いわゆる星状細胞の一種である。大型のα運動ニューロンと小型のγ運動ニューロンの2型があり,α型からは直径8~13μのα運動繊維が,γ型からは3~8μのγ運動繊維が出る。α運動繊維の信号は筋肉の収縮をおこし,γ運動繊維は筋肉内にある筋紡錘と呼ばれる張力受容器に送られ,そこで封内筋と呼ばれる特殊な筋繊維を支配する。…

※「α運動ニューロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

α運動ニューロンの関連キーワード脳、脊髄、神経のしくみとはたらき運動ニューロン疾患と類似の病気脊髄性進行性筋萎縮症一次運動ニューロン節前運動ニューロン筋萎縮性側索硬化症節後運動ニューロン運動ニューロン疾患二次運動ニューロン上位運動ニューロン下位運動ニューロン運動ニューロンマウスナー細胞反射(生体)前庭動眼反射ニューロン川口有美子中枢神経系神経筋疾患輻輳の法則

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android