コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

‘Abd al-‘Azīz AbdalAziz

世界大百科事典内の‘Abd al-‘Azīzの言及

【イスラム】より

…近代のイスラムにおける危機感の主要な内容は,イスラム国家の喪失感(制度・思想の両面における)であったといえる。それは,シャー・ワリー・ウッラーの子アブド・アルアジーズ‘Abd al‐‘Azīz(1746‐1824)が,イギリス人支配下のインドは,もはやイスラム世界の範囲外にあるダール・アルハルブ(戦争の家)であると宣言したファトワー(1803)に始まって,トルコ革命下でのカリフ制廃止(1924)にまでいたる過程のなかで,しだいにまったく癒しがたいものとなっていった。伝統的支配イデオロギーの構造は,イスラム法(シャリーア)とイスラム神秘主義の複合として示され,ウラマーと教団(タリーカ)とが政治的・社会的統合のチャンネルとして機能してきたが,このような伝統的システムは急速に弱体化し分解していった。…

【シャー・ワリー・ウッラー】より

…彼はイスラムの思想の浄化を目ざしたが,単に,イスラム神学・宗教思想の面にとどまらず,当時の社会体制にまで批判を向けた。インドにおける近代イスラム思想の先駆者とみなされており,彼の死後,その理論は子のアブドゥル・アジーズShāh ‘Abd al‐‘Azīz(1746‐1824)に受け継がれ,実践に移された。彼の思想は19世紀に入って反英運動へと発展していった。…

※「‘Abd al-‘Azīz」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

‘Abd al-‘Azīzの関連キーワードイブン・アブド・アルハカムイブン・バットゥータムハンマドアブドゥラーイブン・サウドアブド・アルアジーズ・ブン・サウードイドリース朝イバード派コムギ(小麦)サイイド・アフマド・バレールビー

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android