コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《お夏清十郎》 おなつせいじゅうろう

世界大百科事典内の《お夏清十郎》の言及

【お夏清十郎物】より

…《極彩色娘扇》(1760年竹本座)は歌舞伎にも移されてよく行われた。本筋は男達(おとこだて)狂言で,お夏清十郎は脇筋にまわっている。ほかに作者不詳の人形浄瑠璃《寿連理の松》(1820年稲荷社内の芝居)が今日に残る。…

※「《お夏清十郎》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《お夏清十郎》の関連キーワード市川 箱登羅(3代目)嵐 徳三郎(7代目)近世説美少年録近松門左衛門衣笠 みどりアドバルーンお夏・清十郎藤間 万三哉お夏清十郎好色五人女長谷川一夫お染久松物吾妻 徳穂坪内逍遥宮川知久大森痴雪お夏狂乱須藤沙耶白石踊歌念仏

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

《お夏清十郎》の関連情報