コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《きつね》 きつね

世界大百科事典内の《きつね》の言及

【ストラビンスキー】より

…この初期の三大バレエ音楽は,ロシア民謡風の4音ないし5音の旋律,従来の拍節構造によらない自由なリズム,斬新なオーケストレーション,コラージュ風の構成法を用いており,新しい音楽的空間と音楽的時間を生みだした。 第1次世界大戦の開始によって祖国に戻れなくなったストラビンスキーは,バレエ曲《結婚》やオペラ《きつね》などで民族主義的な方向をおし進めると同時に,これまでの大編成のオーケストラを縮小し,明白な調性と簡潔明瞭なリズムによる〈新古典主義〉に徐々にスタイルを変化させていった。《兵士の物語》《プルチネラ》《管楽器群のためのシンフォニーズ》《管楽八重奏曲》は,新古典主義時代の代表的な作品で,ロシア的な色彩はうすくなり,ヨーロッパの17,18世紀の古典的なスタイルが模倣・借用されている。…

※「《きつね》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《きつね》の関連キーワード日清のどん兵衛 きつねうどんミニこぎつねコンとこだぬきポン赤いきつねうどん でか盛ブラウニーズ ストーリー日清のどん兵衛 特盛金ちゃん亭鍋焼うどん赤いまめきつねうどん狐の提灯・狐の提燈たからもの とんだぼくだけ しってるつりばしゆらゆらあのこに あえた日清のごんぶときいろいばけつ金ちゃんうどん北のどん兵衛木連れ格子フォックスこんがり日照り雨

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

《きつね》の関連情報