コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アジア研究》 あじあけんきゅう

世界大百科事典内の《アジア研究》の言及

【インド学】より

…しかし真にインド学が成立したのは18世紀の後半で,イギリスのインド統治の直接の契機となったプラッシーの戦(1757)以後のことである。1783年イギリスのジョーンズW.Jones(1746‐94)がカルカッタの高等法院判事として赴任し,翌84年にはベンガル・アジア協会Asiatic Society of Bengalを創設してインド学の礎石を置き,同協会の雑誌《アジア研究Asiatic Researches》によってインド研究のまず第一歩が踏み出された。この84年にはまた,東インド会社の書記ウィルキンズC.Wilkins(1749‐1836)が,ヒンドゥー教の重要な聖典である《バガバッドギーター》の英訳を発表した。…

※「《アジア研究》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《アジア研究》の関連キーワードエドワード・ロバート ボーシャンジェイムス・ウィルソン ホワイトジェイムズ・R. バーソロミューレオナルド・A. ハンフリーズナザニエル・ボーマン セイヤーS.F. メッツガー・コートアブラハム・A. アルトマンデルマー・マイヤー ブラウンピーター・M. デビッドソンジェイムズ・L. ハフマンR.ラニエール ブリッチュマーガレット・M. ロックゴウリ ヴィシュワナータンレオン・N. ハーヴィッツジョン ウェルフィールドゴードン・M. ベーガーC.ハミルトン ポウルズドナルド・C. ヘルマンステファン・W. コールフランク・O. ミラー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

《アジア研究》の関連情報