コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アテン賛歌》 あてんさんか

世界大百科事典内の《アテン賛歌》の言及

【アテン】より

…エジプトの尊崇厚いヘリオポリスの太陽神ラーがアテンとして復帰したことを告知する長い正式名称は,神々の王としてのアテンの地位を表すため,王名と同じカルトゥーシュで囲まれている。イクナートン自らつくったとみられる《アテン賛歌》は,慈愛に満ちた太陽神の恵みをたたえており,しばしば聖書の《詩篇》104章と比較される。他の神々とちがい祭祀の対象としての神像をもたず,露天の祭壇の前で太陽そのものが礼拝された。…

※「《アテン賛歌》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android