コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アディアートマ・ラーマーヤナ》 あでぃあーとまらーまーやな

世界大百科事典内の《アディアートマ・ラーマーヤナ》の言及

【ラーム・チャリット・マーナス】より

…1574年にアヨーディヤーで着手され,数年後にカーシー(現,ワーラーナシー)で完成されたといわれる。 この叙事詩の形成には,先行の思想と諸文献が寄与しているが,物語の構成と展開についてはサンスクリット叙事詩《ラーマーヤナ》に,また思想的な支えをベーダーンタ哲学の立場をとる《アディアートマ・ラーマーヤナAdhyātma Rāmāyaṇa》に依拠するところが多い。後者は13,14世紀のサンスクリットによる文献で,前者のラーマが豪快な英雄であったのに対し,後者ではビシュヌ神の化身として神格化されている。…

※「《アディアートマ・ラーマーヤナ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《アディアートマ・ラーマーヤナ》の関連キーワードラーム・チャリット・マーナス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android