コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アフリカの政治諸体系》 あふりかのせいじしょたいけい

世界大百科事典内の《アフリカの政治諸体系》の言及

【政治人類学】より

…その後,P.G.ビノグラドフ,E.デュルケーム,M.ウェーバーらの研究を経て,20世紀にはいると人類学は対象とする文化に長期参加観察を行う実証的研究が主流となり,時系列に沿った進化説に代わって個別的な民族,文化の調査・研究の蓄積の上に立った比較社会学的な評価が始まった。A.R.ラドクリフ・ブラウン,B.K.マリノフスキーらの構造・機能主義がそれであるが,この立場からアフリカの政治制度の比較研究を試みたのがM.フォーテスとエバンズ・プリッチャードの編集した《アフリカの政治諸体系African political systems》(1940)である。2人は政治組織を(1)小地域社会で,血縁関係が政治現象と重なり合うもの,(2)血縁関係の発展した単系出自集団が政治的問題を扱うが,政府と呼ばれるような権威の集中,行政機構,司法制度をもたないもの,(3)明らかな政府(立法・行政・司法機関)をもち,富と地位が権威・権力の分布に対応しているものの三つに分類し,もっぱら(2)と(3)の実例をアフリカの諸部族から拾い出している。…

※「《アフリカの政治諸体系》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone