コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アマロ神父の犯罪》 あまろしんぷのはんざい

世界大百科事典内の《アマロ神父の犯罪》の言及

【エッサ・デ・ケイロス】より

…しかし青年期の乱読を通しての諸外国の作家との出会いは,後のエッサの独創性をつくりあげるうえで,きわめて重要な意味を持つものであった。彼の最初の重要な作品《アマロ神父の犯罪》(1875)はポルトガル文学史上最初のリアリズム文学として名高い。《従兄弟バジリオ》(1878)もポルトガル・リアリズム文学の傑作の一つで,この2作は人びとが気づかないでいた現実を残酷なほど鋭いかたちで読者につきつけたものであった。…

※「《アマロ神父の犯罪》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《アマロ神父の犯罪》の関連キーワードエッサデケイロース

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android