コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アミエルの日記》 あみえるのにっき

世界大百科事典内の《アミエルの日記》の言及

【アミエル】より

…スイスの文学者,哲学者。フランス系の新教徒の家に生まれ,早く両親を失い,叔父に引き取られたが,のちベルリン大学に留学し,帰国後は,ジュネーブ大学で,美学ついで哲学の講座を担当し,一生独身で過ごした。生前数冊の詩集および文芸評論を出版しているが,彼の名を一躍有名にしたのは,死後に出版された《日記抄》2巻(1882‐84)である。これは1847年から死に至るまで書き続けられた1万7000ページにのぼるノートから抜粋編集されたものである。…

※「《アミエルの日記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone