コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発見学習 はっけんがくしゅう discovery method, heuristic learning

3件 の用語解説(発見学習の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発見学習
はっけんがくしゅう
discovery method, heuristic learning

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,J.S.ブルーナーが『教育の課程』で体系的に提起したものを指す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

発見学習

学習すべきことを、教師(講師)の説明によって教わるのでなく、学習者が自らの発見によって学習していく学習方法。 受動的な学習方法に比べ、内発的な動機づけが促進され応用力も高まるとされているが、効果の有無は学習内容や対象者のレベルなどにもよる。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はっけんがくしゅう【発見学習】

知識や真理を生徒に習得させる場合、発見の過程を各自に経験させる学習方法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発見学習の関連キーワード共修自主的信頼すべき筋説明責任先決月送り丸秘レッスン荒怠説明に基づく学習

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発見学習の関連情報