コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アミナダブ》(読み)あみなだぶ

世界大百科事典内の《アミナダブ》の言及

【ブランショ】より

…その関心は,人が死に近づくとき死の周辺に浮かび上がる,日常的な時間の消失した奇怪な空間と,言語をもって絶対的なものに迫っていくとき作家が入り込んでしまう空間とが構造を同じくしていることに向けられる。主体は崩壊し,とらえ得ぬものを,なおとらえようとして彷徨するしかないような状態,小説《謎の男トマThomas l’obscur》(1941,新稿1950),《アミナダブAminadab》(1942)などはそういう状態を幻想的物語に溶かし込んで描いており,評論集《文学空間L’espace littéraire》(1955),《来るべき書物Le livre à venir》(1959)などは,マラルメやカフカを例に絶対的なものに挑む文学思考のたどる運命を分析した。さらに《期待忘却》(1961)をへて,《終りなき対話》(1969)や断章集《彼方への歩み》(1973),《災厄のエクリチュール》(1980)では文学がついに文学自体の散乱にいたることを彼自身の批評言語で演じつつ暴いている。…

※「《アミナダブ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android