コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アレクサンダーの饗宴》 あれくさんだーのきょうえん

世界大百科事典内の《アレクサンダーの饗宴》の言及

【ヘンデル】より

…一方,数多くのオペラのほか,1732年以後ヘンデルは《エステル》(1732)や《アタリア》(1733)などの英語によるオラトリオによって徐々に独自のオラトリオを開拓していく。また《アレクサンダーの饗宴》(1736)のようなイギリス文学との直接の関係を示すオラトリオも試みられた。 ヘンデルは1737年の末,奇跡的な再起を遂げる。…

※「《アレクサンダーの饗宴》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《アレクサンダーの饗宴》の関連キーワードヘンデル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android