コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アレクシアス》 あれくしあす

世界大百科事典内の《アレクシアス》の言及

【アンナ・コムネナ】より

…ビザンティン皇帝アレクシオス1世コムネノスの娘。父の臨終にさいし,夫のニケフォロス・ブリュエンニオスを帝位につける宮廷陰謀に失敗し,弟のヨハネス(2世)が即位するにおよんで修道院に入り,夫が残した1070‐79年にわたる未完の歴史をひきついで,15巻の《アレクシアスAlexias》を著し,父皇帝の歴史を記した。当時の擬古文,古代アッティカ風ギリシア語を用い,トゥキュディデス,ポリュビオスを手本とした,コムネノス朝時代の文芸復興の最大の文学作品で,幼少の頃から培われた著者の人文主義者としての教養が随所にあふれている。…

※「《アレクシアス》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《アレクシアス》の関連キーワードアレクシオス(1世)ニケタス・コニアテスアンナ・コムネナアンナ・コムネナビザンティン文学キンナモス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android