コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アントニオ・ダス・モルテス》 あんとにおだすもるてす

世界大百科事典内の《アントニオ・ダス・モルテス》の言及

【ラテン・アメリカ映画】より

…その成果が60年代前半に起こったいわゆる〈新しい映画(シネマ・ノーボcinema novo)〉の動きで,〈ブラジルのヌーベル・バーグ〉〈第三世界の映画〉と喧伝され,64年のカンヌ映画祭で注目されたネルソン・ペレイラ・ドス・サントスNelson Pereira dos Santos(1928‐ )監督《乾いた生活》(1963)に次いで,グラウベル・ローシャGlauber Rocha(1938‐81)(《黒い神と白い悪魔》1964),カルロス・ディエゲス(《ガンガ・ズンバ》1963),ルイ・ゲッラ(《欲望の浜辺》1963)らが脚光を浴びた。ソビエト映画のモンタージュとアメリカ西部劇の活劇性をとりまぜた〈シネマ・ノーボ〉は,1960年代の世界の映画に圧倒的な勢力を誇示したものの(その一つの頂点が〈ブラジルの歴史と神話を覆し,告発した〉グラウベル・ローシャ監督の《アントニオ・ダス・モルテス》(1969)であった),71年にはローシャはブラジルの政治的圧力から逃れてヨーロッパに亡命,思うままに映画を撮ることができぬまま,81年に42歳でこの世を去った。以後のブラジル映画は世界の映画史から後退したまま今日に至る。…

※「《アントニオ・ダス・モルテス》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone