コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《アースベリュス》 あーすべりゅす

世界大百科事典内の《アースベリュス》の言及

【キネ】より

…ハイデルベルク大学に学び,1828年にはフランス学士院の指名でギリシア調査団に加わり,帰国後《現代ギリシアと古代世界の関係について》(1830)等を著した。33年寓意詩《アースベリュス》を出したが,〈さまよえるユダヤ人〉に人類史を語らせるこの叙事詩は後にランボーにも影響をあたえた。41年コレージュ・ド・フランスの〈南欧文学〉講座に教授として就任したが,43年イエズス会士についてミシュレと行った連続講義,翌年の政教分離の主張を含むウルトラモンタニズムの講義が原因となり,46年文相ギゾーにより講義停止の処分を受けた。…

※「《アースベリュス》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone