コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《イエス伝》(シュトラウス) いえすでん

世界大百科事典内の《イエス伝》(シュトラウス)の言及

【イエス伝】より

…新約聖書の福音書は,18世紀の西欧啓蒙主義以前のキリスト教会においては単純にイエスの伝記として読まれ,とくにその記述の史実性が問われることは少なかった。しかし啓蒙主義の近代的歴史意識に基づく学問的歴史研究の方法は,ドイツのプロテスタント神学を中心に,伝統的な教会教義に対する批判と学問的・批判的イエス伝研究を呼び起こした。その端緒とされるのがライマールスHermann Samuel Reimarus(1694‐1768)の《イエスと彼の弟子たちの目的について》(1778)である。…

※「《イエス伝》(シュトラウス)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android