コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《イカリア旅行記》 いかりありょこうき

世界大百科事典内の《イカリア旅行記》の言及

【カベ】より

…翌年この新聞が訴追されると,ベルギー,次いでロンドンに亡命。彼はそこで工業生産力の重要性とそのもたらす社会問題を認識し,オーエンの影響を受けつつ主著の《イカリア旅行記》(1840)を執筆した。彼の理想社会は強大な工業生産力に支えられた共同体に基づくものであって,この点でバブーフの共産主義とはすでに異なった歴史段階に属している。…

【ユートピア】より

…他方フランスの初期社会主義者にあっては,サン・シモンが経済主義の優位と新たな人類愛を説く〈新キリスト教〉をとなえた。É.カベはユートピア論《イカリア旅行記》(1840)を著すとともに,アメリカに〈ノーボーNauvoo〉と呼ばれる理想郷を建設すべく運動を興した。こののち《四運動の理論》(1808)などでさらに幻想的な世界調和の哲学を創案したフーリエは〈ファランステールphalanstère〉なる共同体住居の設置によるユートピア社会実現のなかに人類の理想達成の夢を託した。…

※「《イカリア旅行記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《イカリア旅行記》の関連キーワードカベーカベ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android