コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《イギリス教会史》 いぎりすきょうかいし

世界大百科事典内の《イギリス教会史》の言及

【ベーダ】より

…有名な664年のホイットビーの宗教会議での論争の結果,イングランドはローマ式算出法による復活祭の日取りを採用するが,その算出原理を説明したのが《年代論》である。同じころ書かれた《事物の本性について》も重要な科学的論考であるが,彼を〈イギリス史の父〉と呼ばせている歴史作品,特に731年までの《イギリス教会史》5巻は逸することができない。これは注意深く収集された情報によって,初期イギリス史第一級の史料ともなっている。…

※「《イギリス教会史》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《イギリス教会史》の関連キーワードアングロ・サクソン年代記ベーダ(歴史家、神学者)ゴドウィン七王国ベーダ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android