コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《イタラ》 いたら

世界大百科事典内の《イタラ》の言及

【ウルガタ】より

…382年教皇ダマススDamasusの命により,当時最大の碩学ヒエロニムスが中心となって従来行われていた種々の古ラテン訳の不統一を正すことになった。新約のほうはすでに用いられていた《イタラItala》とよばれるイタリア訳を多少修正するにとどめ,386年ごろに一応終了したが,ヘブライ語から訳した旧約の翻訳にはパレスティナのユダヤ人等の助けをかり405年ごろ完成したという。聖書本文批判の上では,他の古代語訳とともに聖書本文の決定に傍証を与えるという,やや消極的な価値をもつにとどまるが,中世ヨーロッパを通じ,〈唯一の聖書〉として14世紀末の〈ウィクリフ派英訳聖書〉などの各国語訳の底本となったこと,また中世ヨーロッパ文化の根源となった点できわめて重大な意味をもつ。…

※「《イタラ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone