コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焦土作戦 しょうどさくせん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に領土を焼き尽くす軍事上の戦術名に由来する。王冠の宝石をはずし、王冠の価値を減らすことからきている防衛策「クラウンジュエル」も焦土作戦の一形態である。2005年2月~4月のライブドア対フジサンケイグループのニッポン放送株争奪戦では、ライブドアがニッポン放送株を過半数取得する前に、フジテレビジョン株などをフジサンケイグループ内外の企業に譲渡することが検討された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

焦土作戦

敵対的買収防衛策として、有事に導入される。被買収企業が買収側が完全支配を達成する前に事業財産のほとんどを売却したり、これまでの重要な取引相手との関係打ち切りにより企業価値を大幅に下げることによって敵対的買収者の買収意欲をそぐ方法。

(高橋宏幸 中央大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

会計用語キーワード辞典の解説

焦土作戦

敵対的企業買収に対する対抗策のひとつです。買収対象の企業が優良資産・収益性の高い事業(クラウン・ジュエル)を売却。あるいはあえて多額の負債を負うことによって、企業価値を下げ、買収意欲を削ぐことを目的とした防衛手法をさします。一方で既存株主の資産価値も低下させることになるため、基本的には既存株主の同意が必要です。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

M&A用語集の解説

焦土作戦

敵対的企業買収に対する対抗策のひとつ。買収対象の企業が優良資産・収益性の高い事業(クラウン・ジュエル)を売却、あるいはあえて多額の負債を負うことによって、企業価値を下げ、買収意欲をそぐ防衛手法を指す。一方で既存株主の資産価値も低下させる結果となるため、基本的に既存株主の同意を要する。

出典|株式会社ストライクM&A用語集について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焦土作戦
しょうどさくせん

敵が自領土に侵入した場合、戦線を後退させつつ敵の利用しうる諸資源、とくに食料や住居を焼却したり破壊して、相手側を兵站(へいたん)面で消耗させる作戦。とりわけ敵地に糧(かて)を求める近代戦争で大きな威力を発揮する。自領土が大きいほどこの作戦は効果的で、ロシアの対ナポレオン戦争や中国の抗日戦期の例が有名。[山崎 馨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

焦土作戦の関連キーワードナポレオン(1世)スーダン(国)グアテマラ内戦カルル12世クトゥーゾフモスクワ遠征シュペーアシャーマン越智維通サリバン箸尾為量山崎

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焦土作戦の関連情報