コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《イマージュ》 いまーじゅ

世界大百科事典内の《イマージュ》の言及

【ドビュッシー】より

…とはいえ,自由を信条とした彼の個性的天才を一つのイスムの枠内におしこめようとするのは,結局徒労に終わる努力でしかないのかもしれない。 《ペレアスとメリザンド》のあと,ピアノ曲集《版画》(1903),《影像(イマージュ)》第1集(1905),第2集(1907),管弦楽曲《海》(1905)によって,さらに新しい進展がくりひろげられた。2度目の結婚で子どもが生まれ,ピアノ組曲《子供の領分》(1906‐08)を彼に書かせる。…

※「《イマージュ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《イマージュ》の関連キーワードナンシー(Jeanドブレ(Régis Debray)博物誌(ルナールの短文集)イマージュホールディングスベルクソン哲学の基本概念ガストン バシュラールR. ワインガルテンアラン トゥーレーヌアレイクサンドレポスト構造主義ボンヌフォアバシュラール岡田 有希子S. メリル成島 東一郎物質と記憶ベルクソンTAKAEトゥレーヌルナール

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android