コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《インディアス法研究》 いんでぃあすほうけんきゅう

世界大百科事典内の《インディアス法研究》の言及

【ソロルサノ・ペレイラ】より

…サラマンカ大学で法律を学んだのち,1609年リマのアウディエンシアの聴訴官(オイドール)としてペルーへ赴き,27年まで滞在。リマ滞在中に起筆したラテン語による《インディアス法研究》(第1部1629,第2部1639)はインディアス関係の法令や諸制度に関する膨大かつ優れた著作で,自らスペイン語訳を行い,表題は《インディアス政策論》とされた。同書は17世紀までのスペインの対インディアス政策を知るうえで貴重な資料である。…

※「《インディアス法研究》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《インディアス法研究》の関連キーワードソロルサノ・ペレイラ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android