コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《ウォールター・ミティの秘密の生活》とは

《ウォールター・ミティの秘密の生活》 うぉーるたーみてぃのひみつのせいかつ

世界大百科事典内の《ウォールター・ミティの秘密の生活》の言及

【サーバー】より

…その底には時流を超えた虚無的な宿命観がひそんでおり,アメリカのユーモア文学のなかでも特異な存在として重要視されている。E.B.ホワイトとの共著《性は必要か?》(1929)をはじめ,《ぶらんこに乗った中年男》(1935),《現代寓話》(1940)などがあり,短編《ウォールター・ミティの秘密の生活(虹をつかむ男)》(1942)などは現代アメリカ文学中の秀作として高く評価されている。【大橋 吉之輔】。…

※「《ウォールター・ミティの秘密の生活》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android