コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《ウォール・ストリート・ジャーナル》とは

《ウォール・ストリート・ジャーナル》 うぉーるすとりーとじゃーなる

世界大百科事典内の《ウォール・ストリート・ジャーナル》の言及

【ダウ式平均株価】より

…この変動要因を修正し,連続性をもたせるため考案されたのが,ダウ式平均株価(ダウ平均株価,あるいはダウ平均ともいう)である。名称の由来は,アメリカの経済統計学者ダウCharles Dowの設立したダウ・ジョーンズ社Dow Jones & Co.,Inc.(著名な日刊経済紙《ウォール・ストリート・ジャーナル》の発行元でもある)で創案され,これを公表したことから,この名称がついたものである。この方法は,株価が権利落ちによる値下がり分を調整するための係数を,権利付き最終価格を基準にそのつど算定するもので,基準日以来の累積した係数をダウ倍率と呼ぶ。…

※「《ウォール・ストリート・ジャーナル》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《ウォール・ストリート・ジャーナル》の関連キーワードニューヨーク・ダウ(DJIA:Dow Jones Industrial Average)ダウ・ジョーンズ(Dow Jones & Company)マードック(Keith Rupert Murdoch)ウォール・ストリート・ジャーナル経営大学院の国際認証とランキングデービッド イグネーシアスニューズコーポレーションブラッドレー マーティンスティーブン ジョンソンジェローム グループマンフィナンシャル・タイムズマシュー ブレジンスキーアメリカ合衆国史(年表)スティーブン ベーカーデービッド ウェッセル米欧元高官の核廃絶提言ファリード ザカリアルパート マードックリック カーシュナージル エイブラムソン