コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《ウプネカット》 うぷねかっと

世界大百科事典内の《ウプネカット》の言及

【ウパニシャッド】より

…仏教をはじめとするインドの宗教・哲学諸派は,一様に輪廻説を承認し,なんらかの形で輪廻から解脱することを理想としたのである。ウパニシャッドは,19世紀冒頭フランスの東洋学者アンクティル・デュペロンのラテン語訳《ウプネカットOupnek’hat》によってはじめて世界に紹介された。これはペルシア語訳からの重訳であるが,ドイツの哲学者ショーペンハウアーがこの訳によってウパニシャッドを知り,大きな影響を受けたことは有名である。…

※「《ウプネカット》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《ウプネカット》の関連キーワードアンクティル・デュペロン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android