コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《エジプト人シヌヘ》 えじぷとじんしぬへ

世界大百科事典内の《エジプト人シヌヘ》の言及

【ワルタリ】より

…フィンランドの作家。父は大学の宗教学講師。神学,文学を学びながら17歳で宗教的作品によって文壇に登場。大学3年時に遊学先のパリから書き送った《大きな幻想》(1928)が出世作となった。〈火を掲げる者〉グループの作家らしく,かすかなロマンティシズムとリアリズムで青年の苦悩を描いている。ドラマティックな心理小説や風刺小説を残したが,長編歴史小説で国際的名声を得た。古代エジプトを背景に社会の破滅に立ち向かい失意に陥る医師を主人公にした《エジプト人シヌへ》(1945)は,第2次大戦後の人間不信の世相下,多くの人々の心をいやした。…

※「《エジプト人シヌヘ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《エジプト人シヌヘ》の関連キーワードフィンランド文学ワルタリ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android