コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《エズミに棒ぐ》 えずみにささぐ

世界大百科事典内の《エズミに棒ぐ》の言及

【サリンジャー】より

…アメリカのユダヤ系小説家。生れも育ちもニューヨーク市で,いかにも都会的なはにかみとソフィスティケーションに彩られた繊細巧緻な仕上げが作品の魅力の一つである。第2次大戦に徴集されて諜報訓練を受け,ノルマンディー上陸作戦にも参加したが,創作活動は戦時中も続き,《エズミに捧ぐ》は1950年を代表する秀作の一つとして激賞された。そして16歳の少年を主人公にした現代のピカレスク小説ともいうべき長編《ライ麦畑でつかまえて》(1951)は同世代の若者の絶大な人気を呼び,一躍作者を彼らのアイドルに祭り上げた感がある。…

※「《エズミに棒ぐ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android