コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《エドワード2世》 えどわーどにせい

世界大百科事典内の《エドワード2世》の言及

【歴史劇】より

…しかしルネサンスになると,本格的な歴史劇が数多く誕生する。イギリスでは,まず,クリストファー・マーローの《エドワード2世》と《パリの虐殺》を挙げねばならない。前者では自国の歴史が,後者ではフランスの歴史的事件が描かれた。…

※「《エドワード2世》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《エドワード2世》の関連キーワードEdward the Confessorプリンス・オブ・ウェールズサッカー(フットボール)ケンブリッジ(伯・公家)デービッド ビントリーロバート1世ブルースクリフォード(男家)バノックバーンの戦いエドワード(3世)プランタジネット朝男色(なんしょく)イギリス史(年表)エドワード[3世]ランカスター(伯)ノーサンプトン条約ウィンチェルシーペンブルック一座シャルル(4世)グロスター大聖堂エドワード3世

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android