コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《エピグラム集》 えぴぐらむしゅう

世界大百科事典内の《エピグラム集》の言及

【マルティアリス】より

…マルティアリスは,その後,98年に至るまでローマに逗留し,フロンティヌス,ユウェナリス,シリウス・イタリクス,クインティリアヌス,小プリニウスら同世代の文人たちと親しく交わった。98年に彼はローマを去って故郷に戻り,101年に最後の詩集(現在では《エピグラム集》第12巻にあたる)を公刊している。彼の死は,小プリニウスの104年執筆とされている書簡の中で悼まれている。…

※「《エピグラム集》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《エピグラム集》の関連キーワードアンゲルス・ジレージウスグリュフィウスマルティアリスアンソロジーマルチアリスプラヌデスエピグラムデービス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android