コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《エフゲーニー・オネーギン》(オペラ)とは

《エフゲーニー・オネーギン》(オペラ) えふげーにーおねーぎん

世界大百科事典内の《エフゲーニー・オネーギン》(オペラ)の言及

【チャイコフスキー】より

…《ピアノ協奏曲第1番》(1875)などはその最高峰にあるといえよう。この頃から円熟期に入り,バレエ音楽《白鳥の湖》(1876),《交響曲第4番》(1877),《ロココ風の主題による変奏曲》(1877),オペラ《エフゲーニー・オネーギン》(1878。プーシキン原作),《バイオリン協奏曲》(1878)と,2~3年の間に数多くの名作を生んだ。…

※「《エフゲーニー・オネーギン》(オペラ)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android