コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《エルケントニス》 えるけんとにす

世界大百科事典内の《エルケントニス》の言及

【カルナップ】より

…後にフレーゲとB.A.W.ラッセルの影響の下に哲学に関心をもち,1926年ウィーン大学の私講師となり,シュリックらとともにウィーン学団を結成し,その中心人物となる。当時ベルリンにいたライヘンバハとともに雑誌《エルケントニス(認識)》を刊行し,論理実証主義の思想を世界に広めた。後にナチスを逃れて,35年アメリカに渡り,シカゴ大学,カリフォルニア大学で教え,その地に新しい哲学を植えつけた。…

※「《エルケントニス》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《エルケントニス》の関連キーワードルドルフ カルナップカルナップ