《エルマー・ギャントリー》(読み)えるまーぎゃんとりー

世界大百科事典内の《エルマー・ギャントリー》の言及

【ルイス】より

…研究所の資本主義体制と闘う良心的で研究熱心な科学者を描いた《アロースミス》(1925)は,ある科学者との共同調査に基づいた作品で,少なくとも主人公は戯画の対象にされていない。宗教事業家を主人公とする《エルマー・ギャントリー》(1927)は良心のかけらもない俗物が大教会の大牧師として成功するまでの過程をどぎつい戯画に描いており,アメリカのキリスト教をこれほど批判した書物は少ない。 H.L.メンケンらが用意したアメリカ批判の風潮にのって,作者は独特の〈写真的リアリズム〉で笑うべきアメリカの外面を克明に描いたが,内面にまで食い入ることは少なく,また作者自身が内面を愛していたためもあり,彼の作品には悲劇的深淵が見られない。…

※「《エルマー・ギャントリー》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android