《エル・ムンド》(読み)えるむんど

世界大百科事典内の《エル・ムンド》の言及

【グランマ】より

…ハバナで1965年創刊。F.カストロは権力掌握後,1960年,ハバナで出されていた代表的朝刊紙《エル・ムンドEl Mundo》(1901創刊),夕刊紙《プレンサ・リーブルPrensa Libre》(1941創刊)を接収,革命派の新聞として運用してきたが,69年4月5日《エル・ムンド》を《グランマ》に合併,この新聞を革命キューバ,カストロ体制の顔として今日にいたる。スペイン語で出されているが,英語,フランス語版を週刊で発行している。…

※「《エル・ムンド》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android