コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《エレーネ》 えれーね

世界大百科事典内の《エレーネ》の言及

【キネウルフ】より

…アングロ・サクソン人の宗教詩人で,1840年にその名が発見された。〈キリストの降臨〉〈昇天〉〈最後の審判日〉の3部からなる長編詩《キリスト》,聖者伝を扱った《セント・ジュリアーナ》と《エレーネ》,十二使徒の名と事績を列挙した短編《使徒の運命》の作者として知られる。いずれも古英語による宗教詩の代表作品であるが,特に《エレーネ》は作者の深い学殖と,伝統的古英詩の技法が遺憾なく発揮された秀作とされている。…

※「《エレーネ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《エレーネ》の関連キーワードルーベンスキニウルフキネウルフ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android