《エレーネ》(読み)えれーね

世界大百科事典内の《エレーネ》の言及

【キネウルフ】より

…アングロ・サクソン人の宗教詩人で,1840年にその名が発見された。〈キリストの降臨〉〈昇天〉〈最後の審判日〉の3部からなる長編詩《キリスト》,聖者伝を扱った《セント・ジュリアーナ》と《エレーネ》,十二使徒の名と事績を列挙した短編《使徒の運命》の作者として知られる。いずれも古英語による宗教詩の代表作品であるが,特に《エレーネ》は作者の深い学殖と,伝統的古英詩の技法が遺憾なく発揮された秀作とされている。…

※「《エレーネ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android