コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《オベロン》 おべろん

世界大百科事典内の《オベロン》の言及

【ウェーバー】より

…頂点に位置しているのは歌劇であり,宗教音楽,室内楽,歌曲などは今日ほとんど顧みられることもない。歌劇の創作は10代のはじめに開始され,その数は10曲にのぼるが,代表作は《魔弾の射手》(1820),《オイリアンテ》(1823),《オベロン》(1826)の3曲であろう。とくに《魔弾の射手》はあらゆる歌劇の中で最もドイツ的ともいわれ,ドイツ・ロマン派歌劇を確立した画期的な作品である。…

※「《オベロン》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《オベロン》の関連キーワードウェーバー(Carl Maria (Friedrich) von Weber)フォーブズ=ロバートソンロジャー ゼラズニイオベロン・ガゼットダーク・エンジェルゴールドウィンシェークスピア真夏の夜の夢ウィーラント牧童と貴婦人ホロウェイドーウェルティタニアスペンサーウェーバーチョーサーオーベロンこの三人パックデラー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android