コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 《オリエントとヨーロッパにおける古代文化期》とは

《オリエントとヨーロッパにおける古代文化期》 おりえんととよーろっぱにおけるこだいぶんかき

世界大百科事典内の《オリエントとヨーロッパにおける古代文化期》の言及

【モンテリウス】より

…これらの研究法を駆使して,オリエントから北欧に至る広範な地域の先史時代の編年体系を完成したが,その成果は,北欧にとどまらず,全ヨーロッパの考古学研究の基準となり,それによって,19世紀末から20世紀初頭のヨーロッパにおける最も著名で傑出した考古学者となった。その研究法は,大構想の下に着手されたものの,没年までにわずか2巻のみの刊行に終わった《オリエントとヨーロッパにおける古代文化期》の第1巻《研究法》(1903)にまとめられている。日本へは浜田耕作によって《考古学研究法》(1932)として翻訳紹介され,日本考古学にも多大の影響を与えた。…

※「《オリエントとヨーロッパにおける古代文化期》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone