コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《オルフェウ》 おるふぇう

世界大百科事典内の《オルフェウ》の言及

【ポルトガル文学】より

…のちにこのグループは分裂し,アントニオ・セルジオ,ラウル・プロエンサ,ジャイメ・コルテザン,アキリノ・リベイロなどが雑誌《セアラ・ノーバ》(1921創刊)によって文学活動を展開した。雑誌《オルフェウ》(1915年3月,6月)はわずか2号で廃刊になるという短命なものであったが,カモンイスとならぶ詩人といわれるフェルナンド・ペソア,アルマダ・ネグレイロ,アンジェロ・リマらによるモダニズム運動の拠点となった雑誌で,その影響は現在でも無視できないものがある。1927年には雑誌《プレゼンサ》が創刊され(1945廃刊),当時一部の人にしか知られていなかった《オルフェウ》の重要な詩人たちの作品を掲載しひろく人びとに知らしめたほかに,ジョゼ・レジオ,ジョアン・ガスパル・シモンイス,ブランキニョ・デ・フォンセカらの活動拠点ともなった。…

※「《オルフェウ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone