コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《オルフェウスの歌》 おるふぇうすのうた

世界大百科事典内の《オルフェウスの歌》の言及

【カンパーナ】より

…イタリアの詩人。十代のはじめから精神不安の兆しがあり,1907年からイタリア各地,スイス,フランス,そしてさまざまな仕事に就きながら南アメリカを放浪し,オデッサ,ベルギーを経てイタリアに帰国後,14年に生前唯一の刊行となった詩集《オルフェウスの歌》を自費出版した。18年に精神病院に収容され,死に至るまでそこから出ることはなかった。…

※「《オルフェウスの歌》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《オルフェウスの歌》の関連キーワードディノ カンパーナリンゼイ ケンプカンパーナアルゴ船

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android