《オルフェウスの歌》(読み)おるふぇうすのうた

世界大百科事典内の《オルフェウスの歌》の言及

【カンパーナ】より

…イタリアの詩人。十代のはじめから精神不安の兆しがあり,1907年からイタリア各地,スイス,フランス,そしてさまざまな仕事に就きながら南アメリカを放浪し,オデッサ,ベルギーを経てイタリアに帰国後,14年に生前唯一の刊行となった詩集《オルフェウスの歌》を自費出版した。18年に精神病院に収容され,死に至るまでそこから出ることはなかった。…

※「《オルフェウスの歌》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android