コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《カスマプゲ》 かすまぷげ

世界大百科事典内の《カスマプゲ》の言及

【歌謡曲】より

…1976年からのピンク・レディー・ブームは,この頂点ともいえ,歌より見せるという歌謡曲の幼児化現象が起き,若者たちからもこれらの歌謡曲が毛嫌いされ,中高年層以上の〈演歌〉と中・高校生以下の〈ポップス歌謡〉と,歌謡曲享受層の二極化が進められてきている。
[演歌復活]
 テレビはもっぱら〈ポップス歌謡〉という1977年に,韓国の歌手李成愛(イソンエ)は,《カスマプゲ》(鄭斗守・申東運作詞,朴椿石作曲)で日本の音楽市場に現れ,韓国ブームをひきおこす一方,日本の演歌を独特のフィーリングで歌い,演歌を再浮上させた。演歌は,韓国の俗謡パンソリと音楽的に共通項を多くもち,演歌の源流が韓国にあるともいわれた。…

※「《カスマプゲ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android