コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《カムラスカ》 かむらすか

世界大百科事典内の《カムラスカ》の言及

【エベール】より

…詩集《均衡のとれた夢》(1942)や《王たちの墓》(1953)の象徴派風詩人として知られるが,小説家あるいは短編作家としても評価が高い。19世紀ケベックに起こったある殺人事件に材を取った小説《カムラスカ》(1970)は広く話題を呼び,映画化(1973,C.ジュトラ監督)された。作品は多く英訳され,イギリス系カナダ人にも読者が多い。…

※「《カムラスカ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《カムラスカ》の関連キーワードエベール(Anne Hébert)アンヌ エベールエベール

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android