コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《カリプソ》 かりぷそ

世界大百科事典内の《カリプソ》の言及

【ベラフォンテ】より

…ニューヨーク生れであるが,少年時代に4年ほど母親の故郷であるジャマイカで過ごした。演劇研究生,ジャズ・クラブ歌手を経て,1951年に民謡歌手としてデビュー,56年に出した3枚目のLP《カリプソCalypso》とその中の1曲《デイ・オーDay O》が大ヒットした。映画には54年から出演し,《拳銃の報酬Odds Against Tomorrow》(1959)では主演だけでなく製作をも手がけた。…

※「《カリプソ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《カリプソ》の関連キーワードパークス(Van Dyke Parks)エドワード ブラスウェイトクストー船長とカリプソ号ジャック・イヴ クストーポート・オブ・スペイントリニダード・トバゴハリー ベラフォンテハーゲルシュタンゲルイス ファラカンソカ[soca]ビッグ ブラックセント・トーマスカリプソ(女神)オデュッセイアブラスウェイトタージ マハルカリプソ(歌)ベラフォンテカリブ文学浜村美智子