コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《キム》 きむ

世界大百科事典内の《キム》の言及

【キップリング】より

…96年に帰国,詩集《七つの海》を出版,99年のボーア戦争では強硬論を唱えた。1901年の,ラマ僧と旅行する孤児キムを主人公とした小説《キム》でインドの各方面の生活を生き生きと描き出し,この後も数多くの作品を発表した。彼の作品には大英帝国主義的な傾向,ひたすら法の側に立とうとする態度がみられるが,第1次大戦後はこの点が知識階級の反発を買うようになった。…

※「《キム》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《キム》の関連キーワードカムバックマドンナ~私は伝説だスキャンダル!~新良妻賢母~ロングヘアード・マンクス第3病院~恋のカルテ~人生で最も輝く時間今日みたいな日なら過去を問わないでアヒョン洞の奥様スーパースター愛してよかった棚ぼたのあなたキップリング赤胸擬叩頭虫紋胸太郭公虫揺れないでインス大妃金東勲金嘉鎮白い嘘金大中

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

《キム》の関連情報