コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《キリスト教兵士提要》 きりすときょうへいしていよう

世界大百科事典内の《キリスト教兵士提要》の言及

【エラスムス】より

…その著作は二折判全10巻11分冊に達する。キリスト教古代と異教古代とに深く沈潜した結果,彼が到達したキリスト教的ヒューマニズムは,最初の代表作《キリスト教兵士提要》(1504)に明らかである。すなわち悪と罪という最大の敵に戦いを挑むべき新時代のキリスト者の武器は,〈祈りと聖書〉に尽きるが,しかし聖書の中世的理解にとどまらずその真の精神を悟るには準備段階としてギリシア・ローマ異教古代の詩人・哲人の遺産に〈淫することなく親しむ〉必要がある。…

※「《キリスト教兵士提要》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android