コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《ギュスターブ・フローベール》 ぎゅすたーぶふろーべーる

世界大百科事典内の《ギュスターブ・フローベール》の言及

【ティボーデ】より

…処女作《ステファヌ・マラルメの詩》(1912)で,当時まだ理解者のすくなかったこの詩人のなかに20世紀の重要な文学的課題を見抜いたその眼識は,1912年以降《NRF(エヌエルエフ)》誌で担当した時評欄〈省察〉では,文学の新しい動向への柔軟な理解として発揮される。また《ギュスターブ・フローベール》(1922)では,作家の生を作品へとつなぐ文学の秘密を生成・持続の相で鮮やかにとらえた。これらの批評家的特質と,驚くべき博識による比較対照により作家作品を〈文学共和国〉内に位置づける技巧の総合を,世代論的時代区分を採用した遺著《フランス文学史,1789年より今日まで》(1936)に見ることができる。…

※「《ギュスターブ・フローベール》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《ギュスターブ・フローベール》の関連キーワードブーバールとペキュシェバルガス・リョサボバリー夫人ティボーデジュエット感情教育サルトル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android