コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《クレチンスキーの婚礼》 くれちんすきーのこんれい

世界大百科事典内の《クレチンスキーの婚礼》の言及

【スホボ・コブイリン】より

…事件後,ヘーゲル哲学研究のかたわら,ゴーゴリの伝統を受け継ぐ傑作とされる戯曲三部作を書いた。狡猾な貴族が善良な地主父娘を欺く喜劇《クレチンスキーの婚礼》(1854),裁判制度裏面の腐敗と愚かだが誇り高い地主の悲劇を描く冷笑的風刺劇《事件》(1861),自分が死んだと偽って上役や債鬼の手を逃れようとする詐欺師の運命を描くグロテスクな笑劇《タレルキンの死》(1869)がそれである。このうち後の2作は検閲が障害となり上演されず,革命後,1917年にメイエルホリドの手で初めて完全な形で上演された。…

※「《クレチンスキーの婚礼》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《クレチンスキーの婚礼》の関連キーワードアレクサンドル スホボ・コブイリンスホボ・コブイリンスホボ・コブイリン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android