コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《グレイ氏墳上感懐の詩》 ぐれいしふんじょうかんかいのし

世界大百科事典内の《グレイ氏墳上感懐の詩》の言及

【新体詩抄】より

…伝統的な短い詩形を近代には不向きなものと断定し,西洋詩の模倣を合言葉としたが,用語や発想は短歌を基礎としている。訳詩には《グレイ氏墳上感懐の詩》(尚今訳)や《ハムレット》の独白(第3幕第1場)の競訳(ゝ山と尚今)など注目すべきものがある。創作詩はゝ山の〈抜刀隊〉〈勧学の歌〉のように軍歌や教訓の類が多く,強い批判をまきおこしたが,近代詩を始動させた歴史的意義は大きい。…

※「《グレイ氏墳上感懐の詩》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《グレイ氏墳上感懐の詩》の関連キーワード新体詩抄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android