《ドゥーデン正書法辞典》(読み)どぅーでんせいしょほうじてん

世界大百科事典内の《ドゥーデン正書法辞典》の言及

【ドゥーデン】より

…1826年マイヤーJoseph Meyer(1796‐1856)が当初ゴータに設立した事典・辞典類を専門とするドイツの出版社〈ビブリオグラフィッシェス・インスティトゥート〉(1984年にF.A.ブロックハウス社と合併し,ビブリオグラフィッシェス・インスティトゥート & F.A.ブロックハウス社と改称)からの刊行物に冠される商標。ドゥーデンの名を冠したものは百科事典や最近の6巻本ドイツ語辞典などいろいろあるが,なかでもドゥーデンKonrad Duden(1829‐1911)著《ドイツ語正書法辞典》(1880)の改訂版で商標第1号の《ドゥーデン正書法辞典》(1915)が有名。これは正書法の確立していなかったドイツ語に綴り方の基準を示した画期的な辞典で,西ドイツでは1955年以来印刷物はすべてこれに従うように定められている。…

※「《ドゥーデン正書法辞典》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android