《ドミニック》(読み)どみにっく

世界大百科事典内の《ドミニック》の言及

【フロマンタン】より

…美術評論には,フランドル,オランダの17世紀の画家たちを論じた《昔日の巨匠たち》(1876)がある。作家としては,北アフリカ紀行もあるが,代表作は,自分が体験した年上の女性との恋愛を主題にした半自伝的な小説《ドミニックDominique》(1863)である。ドミニックは親友の従姉マドレーヌにほのかな恋情を抱き,彼女が人妻となったあとも慕いつづけ,結婚生活に幸福を見いだせなかったマドレーヌも彼を激しく愛するようになるが,結局二人は情熱を抑えて別れるという筋書きで,フランス文学伝統の心理分析小説の傑作である。…

※「《ドミニック》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報